オシロスコープに詳しくなろう

オシロスコープのお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、オシロスコープに関することが具体的に書かれています。
補正がどのようなものなのかやそのやり方も詳しく紹介されています。
また、周波数帯域などという言葉をよく聞きますが、それがどういったものなのかを掲載しているのも特徴的です。
サンプルレートやレコード長についても詳細が記してあります。
さらに、わかっていそうで理解をしていない人が意外と多い有効ビットについても広く紹介しており、これから始める人にとっても親切です。

オシロスコープのプローブ補正とは

オシロスコープのプローブ補正とは オシロスコープには受動プローブと呼ばれるセンサーが付随していて、これで計測を可能にしています。
オシロスコープを使用する前にはその都度調整が必要です。
使う前に正しい値を示すように調整することを、プローブ補正と言います。
このステップを怠ると計測をする意味がなくなってしまいますし、受動プローブそのものが大きな測定誤差の発生原因となってしまいます。
他の使用者がオシロスコープを使ったときや、用途の違うことに利用をした時は特に注意が必要です。
違う人が使ったときにはその用途に合わせて補正をしている可能性が高く、違った値が出ることが予想されます。
オシロスコープに接続するたびに調整をしなければ、欲しい値は得られません。

オシロスコープの接地はグランドクリップを使うと便利

オシロスコープの接地はグランドクリップを使うと便利 オシロスコープは測定を行うときに、入力端子にプローブと呼ぶ器具を取り付け、測定ポイントにプローブの先端部分を接触、もしくは爪を使って固定するなどで行います。
プローブの先端部分は鍵状になっていて、プラスティックのカバーを手間にずらすと、胴体となる金属性の鍵が露出するので、テストポイントピンなどに引っ掛けるときに便利です。
オシロスコープで使うプローブはグランドクリップを使って接地する形になりますが、最初から付いているワニ口はコードが短く使い勝手が悪いことも少なくありません。
大きな装置をオシロスコープを使って測定するときなど、アースまでの距離が長く別のワニ口クリックと併用して長さを伸ばして使うなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
この場合、ワニ口同士が繋がっている部分の金属が露出しないようにする、仮に露出している状態でプリント基板などに触れてしまうとショートして回路を破壊する恐れがあるので注意しなければなりません。
しかしながら、オシロスコープの便利グッズでもあるグランドクリップは長さを選べる、接地までの距離が長いときなど途中で延長させることなくストレートに接地を取ることができるものがあります。

オシロスコープについて詳しく知りたい

電子計測器

Copyright © 2020 オシロスコープに詳しくなろう all rights reserved.