オシロスコープに詳しくなろう

プローブの正しい使い方

プローブの正しい使い方

プローブの正しい使い方 オシロスコープは電気信号を見るために使われる電子測定器です。今の生活の周りにはパソコンやネットワークなど電気信号を使うものが溢れています。電気信号は電圧の変化によって発生しするもので時間と共に変化します。
その速度はとても速いので、その数値だけを見ているだけでは全く理解できません。それを波形として見えるかするのがオシロスコープです。
測定したい回路にプローブを接続することで、その間を流れる信号がわかります。まずはワニグチで設置を行います。
電気信号は微弱なため、少しでもノイズがあると誤信号になっています。そこで安定した状態で見るためには0点となるアースに接続することが重要です。下限が統一されることによって信号自体を把握しやすくなります。
あとは測定したい部分にプローブ先端を接続すれば、画面に波形が表示されます。
あとは時間軸である横軸を見やすいように調整し、縦軸は信号の強さで調整しましょう。表示される波形でやりとりされる信号を示しています。

オシロスコープのデータ保存を行うオプション

オシロスコープのデータ保存を行うオプション オシロスコープでは主にセットアップやトレースデータ、BMP画面イメージやCSV波形情報などを保存することが可能です。これらの情報は常に同時保存され、これらの情報はオシロスコープ内部メモリやUSB記憶装置に保存します。
セットアップ情報にはカーソルや測定、演算機能や水平、垂直や鳥が設定などの設定情報が含まれ、USB記憶装置に保存する場合は唯一認識できるフォーマットとしてSCPファイルフォーマットが適応されます。
トレース・データは補足波形のビットマップ表現であり、保存した情報を呼び出すことで他の波形とスクリーン上で比較が可能になります。
スケーリングや自動測定、グラフィック以外の形式に変換することは出来ないので、基本的にTIFフォーマとで保存されると理解しておきましょう。
BMP画面イメージはBMPファイルとしてUSB記憶装置に保存するか、PCBに直接保存することが可能で、CSV波形情報はASCllフォーマットとしてUSB記憶装置もしくはPCに直接保存することが出来ます。
CSVフォーマットには性格な波形情報の時間と振り幅情報が含まれ、その後他のサードパーティ製のソフトウェアを使用すれば後処理を行うことも可能です。

Copyright © 2020 オシロスコープに詳しくなろう all rights reserved.